読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tonton-style

日々のちょっとした事、暮らしをシンプルに。色々ボソボソ語っていけたらな…

ダンスコを手に入れた!

ずっと欲しかった、ダンスコの靴。

 実は、5年ぐらい前に1足、どうしても欲しくて買ったものが一足ある。

DANSKO/PROFESSIONAL

f:id:k-noriko214:20161114233649j:image

これが、すごく可愛くてカッコよくて、どうしても履きたくて、インターネットで買いました。ところが、足のサイズはピッタリなのだが、履けない。

近所のコンビニに行って帰ってくることすら出来ないくらい、痛くて履けないのだ。

 

私の足は、甲高。

アーチが合わない。

とにかく痛くて、歩けない。

欲しくて、履きたくて、やっと買ったDANSKOの靴。

なんとか履けるように、革を伸ばすクリームを使ったり、シューキーパーを使ったりしたけどダメでした。

インターネットで、革の靴を伸ばす方法というのを見つけて、

「厚手の靴下を履いて、靴を履き、ドライヤーで5分程温める」というもの。

これもやったけど、ダメでした。

 

仕方がない。これは諦めるしかないんだなあと思っても、やっぱり履きたいから、手放せないでいました。

時々出してきては履いてみるけど、やっぱり履けない。

往生際が悪いというか、諦め切れないダンスコの靴。

 

そんなウダウダとした年月を過ごし、つい先日、ある記事を見つけた。

http://kuraline.jp/read/special/monthly/7370/

ダンスコのフィッテイングのポイントについて書かれたものだ。

この記事の中に「一番チェックしてほしいポイントは、足の甲。”甲で履くシューズ”と言われている。履き口が足の甲にフィットするかどうかが大切。」と書かれてしました。

これを読んで、腑に落ちた。

手元にあるダンスコは、手放そう。

 

 今まで、何度、買い換えようかと思った事か!

同じ色にするか、いやいや白がいいなとか、目移りするからなかなか選べないでいました。

 

そんな私の眼の前に、エナメルの黒!

うわぁ〜これだぁぁ!と即買い。

手に入れました。

f:id:k-noriko214:20161114233841j:image

嬉しかった、うれしかった、ほんとに嬉しかったぁ。

でも、履いてみるまで、安心は出来ない。

また、アーチが合わなくて、痛くて履けないなんて事になっては困る。

今回は、ひとつ上のサイズにしたから、きっと大丈夫。

 

足の先、かかとは余裕がある。

足の甲部分、ぴったり!ちょっときついぐらい。

数日履けば、足に馴染みそうです。

 

嬉しいーーーーー♪

 

毎日履ける。

毎日履こう。

毎日、自分好みの足元が作れる。

 

うーーーん、やっぱり靴っていいなあ。

オシャレには、靴が大事と思う。

 

お気に入りの靴を大切に、長く履く。

お手入れをして、長く履く。

本当に自分に必要なもの、大切に使えるものだけを身の回りに置こう。

妥協をしない。

そうすれば、家の中のモノは、どんどん増えていくこともない。

吟味して、選ぶ。これが大事。